アドワーズ

基本的はYahoo!Japanが提供するオーバーチュアと同じですが、アドワーズ広告を提供しているのはGoogleです。
Googleで検索した際の検索結果画面に表示される広告がアドワーズです。

YahooとGoogleは利用者の「層」に違いがある為、自分がどういった人をターゲットにしているかをしっかり確認した上で、それに適した広告を使う必要があります。

利用人数(シェア)の違いからもYahooのオーバーチュアのほうが広告としての人気は高く、全く同じキーワードでもオーバーチュアのほうがワンクリックの単価が高いというケースはよくあります。

ただ、Googleのアドワーズの場合は検索結果だけでなく、アドセンスというサービスを介して誰もが自分の運営するホームページにアドワーズ広告を掲載させることができ、その広告をクリックすると広告掲載主のところにも報酬が入る仕組みになっています。
(その報酬は広告主の負担ではなく、Googleがワンクリックごとに徴収した金額の中から支払われます)

そういった意味では検索結果のみにしか表示されないが利用者の多いYahooのオーバーチュアと、検索結果のみならずあらゆるホームページ上に掲載される可能性があるアドワーズ広告。
露出という面ではどちらも強みがあると言えます。