弁護士の委任契約書は重要

どんな内容であっても弁護士に何か正式に仕事をお願いした時には委、任契約書という書類が渡される事でしょう。

弁護士から渡された書類の内容すべてを確認して、お願いする業務の内容に過不足や事実とは違っている点がないかどうか、チェックしておきましょう。

もし、書類に不備などが見つかった場合には、すぐに弁護士に伝える様にしましょう。時間が経ってすでに業務に取りかかってからでは対応してもらえないかもしれません。

弁護士から書類を受け取ったらすぐに確認を行いましょう。この委任契約書に書かれていない事柄は料金の中に含まれない可能性が高く、また更にプラスアルファのお金を支払わないといけなくなってしまう事もあるでしょう。